お金を借りるとき

お金を借りる必要性

どうして人は「お金を借りる」のでしょうか。

 

日本国民には勤労の義務があり、働くことによってお金を手に入れることができ、そのお金を使って生活することができます。

 

しかし、通常の生活ができるだけのお金を手に入れても、多くの人がお金を借りるという行動を起こします。

 

事業用の資金は除くとして、個人がお金を借りる場合には大きく分けて3つのパターンがあるでしょう。

 

  1. ライフプラン型
  2. 欲求実現型
  3. 緊急対処型

1.ライフプラン型

ひとつは、生活に必要な「資産などの価値」を手に入れるためにお金を借りて、それを利用しながら働いている間に返済していく「ライフプラン型」。

 

お金を貯めてから購入したのでは意味がない場合、つまりライフスタイルにおいてその価値を十分に得ることのできる時期に手に入れる場合です。

 

住宅ローンやマイカーローンがそれにあたりますが、教育ローンなどもこのタイプと考えて良いでしょう。

2.欲求実現型

ふたつめとしては、生活において必ずしも必要としないモノやサービスを利用し、その支払いのためにお金を借りる「欲求実現型」。

 

本来お金を貯めて利用するべきものを、必要なお金がないのに欲求を満たすために前倒しで利用する場合です。

3.緊急対処型

もうひとつは、一時的な出費が重なり収入が足りない場合に緊急的にお金を借りる「緊急対処型」です。

 

積立型の預金をしている場合などは貯金を崩すというわけにはいきませんので、一時的にお金を借りて以後の給料やボーナスで返済することになります。

 

 

このように、お金を借りる目的は様々ですが、具体的にお金を借りるのはどういうときか、皆さんの意見を聞いてみました。

 

お金を借りるときってどんなとき?

自分の活力になる借金はしてもいいと思います
2016/12/19 21:28:19
やりたいことがあっても、お金が無くて諦めなければならないことはあります。でも、お金を借りることで、やりたいことを諦めずに済むこともあ...
衣類・貴金属や海外旅行のためにお金を借りる
2016/11/07 10:48:07
私は既婚者女性ですが、独身時代から自分が持っているクレジットカードでお金を借りることがありました。お金を借りる理由というか、使い道は...
住宅のためにお金を借りる
2015/12/03 17:14:03
もちろん一生涯を継続して賃貸物件で暮らすということもあってもいいでしょう。しかし家族構成や人生設計、そして資金面の多少のめどがつくこ...