お金のコトなら

お金(一万円の札束<めだか銀行>)-medakaland.chu.jp

【お金】
お金は、モノやサービスを手に入れるときに決済するための価値を交換する媒体であり、国などによって価値が保証されています。
お金には貨幣(硬貨)と紙幣(日本銀行券)があり、経済用語ではお金のことを「通貨(流通貨幣)」といいます。
もちろん現金だけではなく、口座に預けられた預金も「お金」であり、広い意味では経済的価値を持ったモノである「資産」も含みます。

目次

お金に対するイメージ

お金に対するイメージ

あなたは「お金」に対してどのようなイメージを持っていますか?「お金」に対するイメージについて皆さんの意見を聞いてみました。

 

お金のイメージ


お金を借りるとき

お金を借りることについて

どうして人は「お金を借りる」のでしょうか。お金を借りるのはどういうときか、皆さんの意見を聞いてみました。

 

お金を借りるとき


お金とは?

昔から「お金」については様々な先人がその意味について語っていますよね。
例えば・・・

  • 「人と人との潤滑剤」
  • 「人生で最も大切なもの」
  • 「愛するもの」
  • 「将来のエネルギー」
  • 「信用」
  • 「創造した価値と消費した価値の差」
  • 「生活に必要不可欠なもの」
  • 「ツール・道具」
  • 「働かせるもの」
  • 「肥料のようなもの」
  • 「第一級の地位に導いてくれる唯一の道」
  • 「人生という海の船頭」

などなど。

 

「お金」をコツコツ貯めても大した「お金」にはなりませんが、「お金」を使ってこそ大きな「お金」へと換えることができるというのが大きな特徴ですよね。

 

ですから、貯金は「お金」のない人がやることであって、「お金」のある人は貯金をしなくても「お金」が貯まります。

 

つまり「お金」は使うモノであって貯めるモノではありません。「お金」は基本的に使ってこそ意味のあるモノであることに違いありません。

 

しかし「お金」はある意味、麻薬のようなモノなので、その使い方には気をつけないといけないのは言うまでもありませんよね。

 

日本のお金

 

お金は、物理的には主に金属製の硬貨および紙幣のことで、国などにより保証された価値を持ち、モノやサービスとの価値交換に用いるための媒体です。

 

つまり「お金」は、使ってこそ意味のあるものです。

 

時に「お金」はモノの価値をも含めた意味を持ち、紙幣や硬貨の現金だけでなく預金残高はもちろんのこと、土地や建物なども合せた資産全体を「お金」という場合もあります。

 

「お金」はその性質から沢山持つほど、色々なモノを買ったりサービスを体験できるので、裕福な生活を送ることができるようになります。

 

そのため、多くの人が「お金持ち」になりたいと思っている反面、なぜか「お金」を必要以上に儲けたり、たくさん使ったりすることに罪悪感を持っている人も多いようです。

 

また、「お金」は人の心をも支配するような力を持っており、人間関係のトラブルを引き起こしたり、犯罪に発展することもあります。

 

【めだか-land】では、そのような「お金」の力について考えてみたいと思います。

新着記事−お金のコトなら【めだか-land】

住宅のためにお金を借りる
もちろん一生涯を継続して賃貸物件で暮らすということもあってもいいでしょう。しかし家族構成や人生設計、そして資金面の多少のめどがつくこ...
お金は持っているだけではただの紙切れにしかすぎず、使ってみて初めて効力が発揮できるものなのではないでしょうか。それと、お金は人と人を...
私にとっての「お金」とは生活を豊かにする唯一の物です。こんな事を言うと、じゃあお金が全てなの?と聞かれそうですが、本音はそうでしょう...
基本的にはあればあるだけ嬉しいのがお金ですが、これは考えようによっては良い時もあればそうでない時もあるような気がします。一生楽して生...
ほとんどの人々が思っていることでしょうが、やはりお金って本当にありがたくて魅力的なものですよね?当然のことながら、もしお金がなければ...